猫の尻尾亭

尾岡レキが創作の事や読書感想を殴り書きするだけのブログです。アイラブ300字SS!

旅の果の景色を

旅人が集う交易街の人の多さに驚く君に苦笑する。私達は商人の装いだ。誰が第一王子と、その近衛騎士と思うだろうか。君は、町々の状況を知りたがる。人口、税収、交易からの経済実態。さらに君は交易の中からの、住人や商人、旅人達のリアルな情報を望んだ…

娘さんの偏頭痛

どうも、尾岡です。最近、娘さんが、偏頭痛に悩まされておりまして。職場でも色々なアドバイスをもらったり、相方さんと話したりするのですが、なにせ早退してのお迎え要請が多くて。 ちなみにうちの夫婦ですが、尾岡がケアマネジャー相方さんが、介護施設の…

あなたにあいたい

運命の出会いなんてない。私たちは漫然と日々の生活をこなす。昨日から今日、明日へ淡々とつながる。好きな人ができたら、それはそれでいいけれど、きっとそんな絵に描いたようなトキメキなんかやってこない。無感動のまま、私たちは頁の始まりから、頁の終…

君が隣りにいることについて

居心地が良くて。なんだか言葉を交わすだけで、染みこんで。当たり前に言葉を掛け合って。これが気が合うということなんだろうか。 君が言葉をかけてくれること、それが嬉しくて。もっと言葉が欲しくなる。その感情の意味を考えたこともなかった。 ――君が、…

雑感

イジメというのが、まさか自分の娘に降りかかってくると思わなかったのですが、これって誰にでも起こりえることなんですよね。 誰もが、簡単に加害者にも被害者にもなってしまう。詳細は割愛するのですが、娘からの相談で、家族会議に至りました。 僕はわり…

生命の水

水が滴る。滴が落ちる。その瞬間を正視できたのも、ほんの刹那で。直視すらできない、激痛が俺を襲った。「意識がまだあるか?」 白衣の男は、興味深そうにデータの変化を追いかける。 体が内側から灼け、激痛が体の中を駆け巡る。その様を尻目に、男はさら…

ハーフタイム

先輩のシュートが、ネットを揺らす。ホイッスルがけたましく鳴った。バスケットボールが、バウンドするとともに歓声が上がる。 ハーフタイムに入って、みんなが駆け寄る。マネージャーの子達が、スポーツドリンクを手渡そうとするが、先輩は汗を拭きながら、…

指が音を求めるけれど

かつてロックシーンを彩っていた時期もあったが、すっかり音楽業界に嫌気がさし、今や高校教師に返り咲いている。 あれほど嫌いになった音楽なのに、残業していると、ギターを触りたくなる時がある。音楽室の防音設備なら聞かれることもない。聞かれたところ…

名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)を観てきました!

【名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)】 名探偵コナンは、僕が高校生の頃からの連載で、ある意味時代を生きてきた名作なわけですが、実は劇場でしっかりと観るのが初めてでしたので、とても楽しみに行ってきました!同僚さんからもオススメされましたからね! …

PTA活動に終止符を打つ話し。(ややグチ)

2年間PTA本部で、副会長をしてきました。前会長さんから紹介を受けて、微力ながらお手伝いできたらと思いましたが、ちょっと挫けてしまったので、それを自分のセルフケアとして書きたいと思っています。 理由としては、中の人たちと折り合いがつけられなか…

花の育て方を教えてほしいんです

「殿下の様子がおかしい?」 近衛騎士の彼女から、相談を受けて騎士団長は面食らった。もともと自由奔放な彼女は、殿下を連れ回し、城下にお忍びへくりだす。 そんな彼女が悩んでいる。どうも、殿下が彼女に隠し事をしているらしい。殿下らしからぬが――そん…

乱舞

モニターから見ていた世界が全てだった。ラボでは全てが管理される。あてがわれた部屋には窓すらなくて。 繰り返される実験。私の手のひらの上で、煌々と燃える火炎。上手に壊したら、お父さんが喜んでくれた。 ある日――実験で一緒だった子が、私の手を引い…

娘さんが小学校を卒業したのだ!

今日は娘の小学校の卒業式で参加してきました。やっぱり6年間は長くて、あっという間で。どうしても涙腺が緩むのです。保育園の頃から知っている子が多いから、娘とともに感慨ひとしおですね。今月は卒業式シーズンですから、卒業、そしてニューチャレンジ…

悲しくない/雨フラシ

【悲しくない】 悲しい言葉なら慣れている。いちいち反応する必要なんかない。ただ、この感情だけ抑えたらいい。昂ぶったら、その瞬間に誰かを傷つける。だから、我慢をしてきたし、人の言葉に無頓着に生きてきた。関わらなければ、最初から摩擦もない。 ほ…

最初は誰もが不安なんだってこと

たまにお仕事の話しを。僕はリアルではケアマネジャーなので、この仕事でしか体験できないこと、学習できないことがあると想い、たまに備忘録で書いてみようかと思うわけです。 今回は、新規の利用者さん宅へ訪問をしました。毎回、なかなかない経験をさせて…

慟哭

あの人はきっと私が死んでも涙を流さない。 感情を流すには、私たちは長く生きすぎた。エルフと龍人、ともに長命の種だ。エルフは自然と共にあり、龍人は本能のままに血を求める。 惹かれたのは――きっとお互いの同情から。 彼は失ってばかりで。そして私は奪…

そんな薬があれば

シャープペンシルで文字を綴りながら、ひなたはチラッと爽を見やる。「人見知りをしない薬があればいいのにね」 そうひなたは言う。一部の人に対して素直になれるのに、それ以外では言葉にならない。その一方で、目の前の爽にならこうも素直になれる。 と爽…

アウトプットすることの大切さ

最近、書くことが楽しいなと思えて来たので、そんな話を。 いや、単純な話ではあります。書かないことを平常化させてくると書かないことが当たり前なんだと理由にしたり。 最近、インプットすることに躍起になっていたのですが(主に読書で) 楽しみながら読…

虚空の旅人を読んだ!

上橋菜穂子先生の精霊の守人シリーズ・第4作でございます。夢中になると、とことん読みたいのですが、仕事の課題をしていたりするとなかなか読めなかったのですが、今回も読めて満足でした。 では、お品書き。 1 あらすじ 2 ブクログレビュー 3 もうちょ…

アラフォー・ゼルダの伝説にはまり、ハイラルの大地に降り立つ

ゼルダの伝説 ラノベ臭がするタイトルで、こんちには。(画像は公式からお借りしましたぞ)2019年1発目のブログは、すごく久々にゲームをしました。セルダの伝説 ブレスオブワイルドです。もともとゲームは好きだったのですが、なにかとまとまった時間…

Taskey閉鎖に寄せて

ようやく重い腰を上げて書くのですが(今年も終わるよ小説(&イラスト?)投稿サイト、Taskey様が閉鎖となりました。(2018.12.21付けで終了)本当はtaskey閉鎖前にupできたら良かったのですが、日常のバタバタからかなわず。まぁ、それはそれとして、一つの…

小さな灯り

蝋燭にマッチで火を灯す。火と表すにはあまりにも弱々しい灯火で、王宮の燦々としたランタンの明かりから考えたら、なんて弱々しいんだろうと思う。 でも、この弱い光だからこそ、肩を寄せるようにみんなが寄り添う。この瞬間は、城ではとうてい味わえない。…

改めまして、尾岡レキです。

ページ間違いではありません。旧オカザキのブログでございます。尾岡レキとハンドルネーム・ペンネームを変更いたしました。それに伴って、ブログもokazaki3projectから【猫の尻尾亭】に変更致しましたことをご報告いたします。なにがあったと言われたら、と…

改めまして、尾岡レキです。

ページ間違いではありません。旧オカザキのブログでございます。尾岡レキとハンドルネーム・ペンネームを変更いたしました。それに伴って、ブログもokazaki3projectから【猫の尻尾亭】に変更致しましたことをご報告いたします。なにがあったと言われたら、と…

霧の輪舞

雨季が一年の半分を占めるここスチームシティーでは、霧が晴れることはない。「ジョン、準備はいいかい?」 とアーサーは鹿追帽を被りなおしながら僕に言う。君が決めたのなら僕はそれに従うだけだ。「ここで間違いない?」「煙草の銘柄、赤土を踏みしめた革…

「闇の守り人」を読んだよね!

精霊の守人シリーズ第2巻 「闇の守り人」でございます。 引き続き、娘さんから早く読めと言われて、着手したら 例によってどっぷりでした。 ではお品書き。 1.あらすじ 2.ブクログレビュー 3.読書感想文 1.あらすじ 女用心棒のバルサは久しぶりに生まれ故郷…

ポメラを手に入れた!

実はポメラを手に入れてから、結構な時間がたっていて。歓喜の雄叫びを上げるブログ記事も書いていたのですが、それも今さらアップするのも憚られるので、今、公私ともに使用しているのですが、一応、物書きの端くれとしてポメラってどうなの? って所を書い…

新世界/君のご飯が食べたい

【新世界】 だいたい目立ちすぎるんだ。 君に苦言を言われるまで、考えもしなかった。それなりに変装をしていたつもりだったが、君曰く、絹を纏う町人がいてたまるか、らしい。 君にコーディネートをしてもらって、町に出る。 王族なんて不便なもので、市井…

「精霊の守り人」を読んだよ!

精霊の守人を読んだよ! 精霊の守り人 (偕成社ワンダーランド) 作者: 上橋菜穂子,二木真希子 出版社/メーカー: 偕成社 発売日: 1996/07/11 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 214回 この商品を含むブログ (104件) を見る 娘に勧められての児童文学です。…

魔法をかけるなら、秋が良い

魔法を一つかけるのにも手順は重要だ。正確な呪文、正確な陣、手入れされた法具、厳選された供物、そして清涼な空気のある場所が必要で。 雨を降らせる、それだけでも魔力と接続するには細心の注意が必要で。下手をすればその力が逆流して、術者の魔力を根こ…