読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okazaki3project

オカザキが創作の事や読書感想を殴り書きするだけのブログです。時々、自主企画の告知とか。

『これだけは言える』

 

面白いので、これでなにも考えずにショートショートを。

 

 

 

<hr>

 

 

「私は見たんだからね」

 と彼女が言う。表情が険しい。彼女はいつも感情的になる。僕は表立って、感情に出さない。だから日頃は面白いなぁと思って見るのだが、火の粉がこちらに飛び火してくるとなれば、また話は別だ。

 

「あんな風に優しそうに、私には笑ってくれない」

「……」

 

 もっと周囲に気を遣って、笑顔の一つでも見せてみろ、と言ったのは君なんだけどね。その言い付けに従って、少し笑ってみた。普段、無表情な僕が笑うことが、女子はよっぽど新鮮だったのか、キャーキャー言っていたが、僕には騒音にしか聞こえない。

 

 だいたい、僕は他人には興味がないのだ。誰が何をしようが関係ない。どう思っていようが関係ない。関わらなければ傷なんかつかない。僕はそれを学習した――はずだった。

 

 登校拒否をしていた僕に、彼女は学級委員長として、過分なまでに余計なお世話をしてくれた。

 まぁ、今となればそれも悪くはない。

 だいたいにして、彼女は面倒臭い。

 

「これだけは言えるんだけどさ――」

「え?」

 

 僕は彼女を覗き込む。。

 

「君以外に、興味はないからね」

 

 その一言で、君は頰を赤く染めて俯く。だいたい、こういう事に免疫がないくせに、ムキになったり感情的になったりする。

 少しイタズラしたくなった僕は、とっておきの本心を囁いた。

 

「もっと言うとさ――」

 

 ボソリと言葉にする。

 俯く彼女の肩が心なし、震えている。

 

「ズルい、今、そんな事を言うなんて」

 

 僕はニンマリと笑む。

 

「ズルい、今そんな風に笑うなんて――」

 

 面倒臭いので、彼女の唇を塞いでやった。

 

 

<hr>

 

 

登校拒否していた小悪魔的男子と

不器用優等生。そんなノリで。