読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okazaki3project

オカザキが創作の事や読書感想を殴り書きするだけのブログです。時々、自主企画の告知とか。

最後の一言

 

見る者が見れば、妖精が寄り添うように舞ったのが見えただろう。

銀の粉を撒き散らしながら、妖精は哀悼を示す。それだって魔力の無い常人には、風かわそよぐ程度でしかない。

最後の賢者と呼ばれた老人が、この世界に来たのは、350年前。彼は異文化の国から漂流したと言われる。魔力が無い癖に、精霊と交わる事ができ、火種や雷を機械によって起こした。泥水を飲み水に変えたのも、かの老人の功績だった。

その老人が最後に残した言葉は――。

この世界の住民には意味不明で不明瞭な言葉たった。

それもそうかと、最初から付き合いだったカマドの精霊は溜息をつく。

彼の国の言語は、この国では全く解読不能だから当然か。

 

(だけどねぇ……)

 

呆れるしかないというのはこの事か。

彼の言葉は、後進の学者たちの研究意欲を掻き立てる、聖典として扱われるのは難くない。

 

(でもねぇ……)

 

 

――おうどん、食べたい。

 

(あんた、昨日も食ったじゃない)

 

――それから、君が好き。

 

(そっちを先にに言え!)

 

300年は精霊にとっても短くない時だ。

悲しいという感情は精霊には持ち得ない。

 

カマドの精霊にとっては、食わせる食い扶持がいなくなっただけなのに――その火が消える。

 

風がそよぐ。

カマドに火が起こせない。

その意味を賢いこの国の人達はよく理解していた。

 

 

 

 

また、こんなものを書いてしまって……。

どうすんの、俺。