okazaki3project

オカザキが創作の事や読書感想を殴り書きするだけのブログです。時々、自主企画の告知とか。

「おかえりなさぁい♡ ごはんにする? お風呂にする? それとも、わ・た・し?」

 

とんでもないことになってしまった。

ことの発端は、こんなタグを使ったお遊びでした。

 

 

 

反応なんか無いだろ、と思っていたら

 

 

 

 

と言うことで、タイトルに戻る。爆死、悶絶したよ、おいら。

拙作「限りなく水色に近い緋色」のキャラですので、

知らない人にはなんのことやら。でも、やっていくのであります!

 

 

 

宗方ひなたの場合

 

 息を吸い込む。手、手が震える。

「お、お帰りなさい、ご、ご飯にする? お、お風呂? それ、と、も、わだし?」

「なんか、訛ってるけど? セリフ完璧じゃ無いし」

「ムリ、ムリ、だって爽君、こんなのムリ! ムリ!」

「顔赤いよ?」

「これ、だって新婚さんとか、同棲カップルさんたちのあれよね!」

「そうだね」

「爽君、聞いてもいい?」

「うん?」

「ご飯とお風呂はわかるんだけど、わ・た・し? って、これトレーニングってこと?」

「……いや、そう言うことじゃなくて」

「お風呂なら、トレーニングの後がいいし、ご飯食べた後の方がトレーニングはいいよね?」

「そう言うことじゃないんだけどねぇ」

 そもそもが鈍くてずれてるんだ。小さくため息をつく彼の受難は続く。

 

 

水原爽君の場合

 

「ひなた」

「え?」

 耳元で囁くように言われて、ひなたの体がピクンと跳ねる。

「おかえり。ご飯にする? お風呂にする?」

「え?」

「それとも、俺にする? 俺にしようか? 俺もひなたがいいな、ねぇ、ひなた」

「まってまってまって!」

「なに、桑島?」

「すごい、ピンク! まずい、全年齢の空気じゃない!」

「一応、R-15だから、これぐらい許容範囲じゃ――」

「それ、気絶してるひな先輩を前にして言える?」

「あ――」

「刺激が強すぎなんだって!」

「じゃぁ、桑島で」

「最悪! 最低!」

「って、原稿に書いてあるからさ」

「なにそれ!」

「ご飯にする、お風呂にする、それとも――」

「そ、そんなことを言われたら……」

「トレーニング・鬼メニューにしようか?」

「……へ?」

 

言葉にならない絶望が響き渡るが、助けの手は誰からも差し伸べられなかった。

 

 

 

実験室室長フラスコの場合

 

「お帰りなさい。実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? 実験にしますか? それとも実験にしますか?」

 

「実験しかない!」

 

 

あなたは、どれ?(笑)

 

 

 

「限りなく水色に近い緋色」は

 

kakuyomu.jp

 

taskey.me

 

ncode.syosetu.com

 

で連載中です。本編はおふざけモードなく、ほぼシリアスな現在SFですが、よろしければ。