okazaki3project

オカザキが創作の事や読書感想を殴り書きするだけのブログです。時々、自主企画の告知とか。

憑見酒(ツキミザケ)

 他の人に視えないと気付いた7歳。境界線が曖昧になったのが11歳。14歳になって、あの子の顔も視えなくて。
 17歳、恋をした。そしてあの子の声が聞こえなくなった。初恋はすぐに終わった。櫻が舞い、紅葉が散るを繰り返し。
 ――視たいかぇ?
 と言ったのは、お寺の住職だった。水の澄んだ清酒がいい。中秋の名月、雲ひとつない深夜に、縁の場所で。盃を呷り無心に待て。
 そして今日に至る――。
 酒を飲み干す。何が美味しいのか分からなく、頭がクラクラする。
 でも――涙で目が霞む。あの子が同じように立っていて。

 

 住職の声が今になって、耳につく。
 ――こちらに戻らない覚悟、あるかぇ?
 僕は躊躇わずに、境界線を跨いだ。

 

 

 

 

twitter300字SS 第37回参加作品。

恒例でございます。

今回は「酒」

下戸な僕は今いち日本酒の味がわからないのですが。

企画の方は、今回も楽しく参加できました。

これから他の方のを読むのが楽しみです。