okazaki3project

オカザキが創作の事や読書感想を殴り書きするだけのブログです。時々、自主企画の告知とか。

ニンギョウ王子

 許嫁たる王子が贈った人形を大切にしていた。
 もともと政略結婚以外の何ものでもない。

 王は、姫を嫁がせるつもりはなかった。
 そしてかの国は、同盟国として派兵を余儀なくされ――壁となって、潰えた。

 ――この人形があなたを守るだろう、ボクの代わりに。

 今なら、子どもの戯言だと分かる。
 そして、王は国を栄えさせる道具として、また姫を使うつもりだった。

(大丈夫)
 そう呟く。私が次に、あなたの元へ行くから。

 

 

 


 殿下の御身を守る為、魔術を使わせてくださいませ。

 婆やはそう言った。
 あの日から、姫のそばに人形として仕えている。深夜、光が届かない場所でだけ、魔術はほつれて――。

(生きる理由は、もう貴女しかない)

 

 

――――――――――――――――――

 

twitter300字SS参加作品。

今回のテーマは「人形」でした。

タイトルそのまんま。当日にほぼ即興で書いたので、

内容もまた安直だったかも。

でも、また続きを書きたいと思うのでした。個人的に満足。