okazaki3project

オカザキが創作の事や読書感想を殴り書きするだけのブログです。時々、自主企画の告知とか。

血なんかかよってない

 人形と揶揄されたこともある。
 そもそも、ニンゲンとして扱われたこともない。
 味覚はない。感覚もデータ検知するが、君たちが言うような、触れ合いも温度も、感情すら人工物だ。そうプログラムされたから、その通りに判断する。ただ、それだけのこと――と息をつく。


「遠藤さん!」
 ただすれ違っただけで、彼女は無邪気に手を振ってくれる。あの子は、なんて笑顔で笑うんだろう。彼女の隣では、苦虫を潰したような顔で、こちらを睨む少年が一人。
 彼の反応が正当というものだ。
 俺は、君たちを監視しているというに――君ときたら、まるで頓着しない。

 その度にシステムが【エラーを検出】と警告してくれるのが、なんとも五月蝿かった。

 

 

 

――――――――――――――――――――――

 

twitter300字SS

テーマ「人形」参加作品です。

 

拙作「限りなく水色に近い緋色」より。

本編で、遠藤さんをもっと書きたいのに書けなかったので、作者のエゴで、個人的に満足したのでした。