okazaki3project

オカザキが創作の事や読書感想を殴り書きするだけのブログです。時々、自主企画の告知とか。

新世界/君のご飯が食べたい

【新世界】

 

 だいたい目立ちすぎるんだ。
 君に苦言を言われるまで、考えもしなかった。それなりに変装をしていたつもりだったが、君曰く、絹を纏う町人がいてたまるか、らしい。
 君にコーディネートをしてもらって、町に出る。
 王族なんて不便なもので、市井に出ようと思えば、護衛が壁をご丁寧に作ってくれるから、結局何も分からない。
「また難しい顔してるね」
 と彼女は野生竜の串焼きを手にする。ナイフとフォークが無い事に戸惑うと、
「こうやって食べるの」
 とかぶりつくので、それにならった。
 ――美味しい。
 自分の知らない世界が、すぐ近くに広がっていて。もっと知りたいと思う事は贅沢なんだろうか。この国のことと、君のことを――。

 

 

 

君のご飯が食べたい】 

 

 今時ね、男の人だって、ご飯を作れた方がいいと思うよ。

 そう君が言っていたことを、今さら思い出す。

 君の料理が一番美味しいからね、と僕は笑った。夫婦は共同作業だから、私だけ料理をするのはオカシイと言うので、僕もしぶしぶ料理を憶えた。

 惚れた弱みってヤツだった。

 不器用ながら、君のレシピを少しずつ憶えていったんだ。

 

 

「美味しいです」

 君は言った。

「どなたか、存じませんが」

 よかった、と僕は答える。懐かしい感じがしますと君が言う。それだけで充分。君に教えてもらった煮魚だ。できれば、もっと早く作ってあげたらよかった。

 ――君が僕を忘れてしまう、その前に。

「おいしい」

 その言葉があるから、次も頑張れる。

 

 

 

 

ということで、今回は2編参加です。

いつもの、王子と騎士な女の子と

ぷらすオリジナル。

まぁ、月並みですが。ちょっと僕はそういう仕事をしているので、

つい書きたくなってしまったのでした。

 

ちらっと読みましたが、他の方の作品も

世界が深く、のめり込む。

 

最近はなかなか読了ツイートすら残せていないのですが

隙間時間で、また楽しませていただけたらと思います。