okazaki3project

オカザキが創作の事や読書感想を殴り書きするだけのブログです。時々、自主企画の告知とか。

霧の輪舞

 雨季が一年の半分を占めるここスチームシティーでは、霧が晴れることはない。
「ジョン、準備はいいかい?」
 とアーサーは鹿追帽を被りなおしながら僕に言う。君が決めたのなら僕はそれに従うだけだ。
「ここで間違いない?」
「煙草の銘柄、赤土を踏みしめた革靴、全て明確な推理の結果だよ」
 霧が街灯の光を吸い上げるようで。
 その刹那、朧げに影が揺れたのを僕は見逃さなかった。外殻を脱ぎ捨て、僕は吠える。
「ジョン、上出来だよ」
「なんで、バスカヴィルの魔犬が――」
 吸血鬼が呻くのもお構い無しに僕は噛み砕く。吸血鬼風情が僕を知っていることに驚くが、それもどうでもいい。
 アーサー、君は本当に僕を退屈させない。

 

 

 

Twitter300字SS

第48回目のお題は「霧」ということで、

もう世界観が、これしかなくて。

シャーロッキアンに怒られそうですが、

大好きなので、許してもらえたら!

今回も楽しかったです!