okazaki3project

オカザキが創作の事や読書感想を殴り書きするだけのブログです。時々、自主企画の告知とか。

物書き的お遊び

君に告げたら終わり

実田梢は臆病だ。こんなに臆病だと思わなかった。同じクラスになって三ヶ月。梢が気になりだしてから、4年3ヶ月もたってしまった。 本が好きな相模君は、暇があれば本を読んでいた。相模君は人付き合いが悪い。愛想もない。でも梢は知っている。彼は、友達…

二年を跨ぐ

寒くて、手がかじかむ。こんなことなら手袋を持って来れば良かった、と思う。でも、それを通り越すぐらい、みんなと一緒の新年は暖かかった。 大晦日の夜からお参りする事を「二年参り」という。言葉自身は聞いたことがあったが、いざこうやって自分がしてい…

葛湯・チラシ・電気

灯油が切れた。毛布でくるまりながら、電気ストーブで温まる。風邪には風邪薬のチラシを見ながら――意識が飛んだ。「不摂生、きわまり無いですよ」葛根のスープを飲まされながら。朦朧とした意識の中で、唇に何かが触れる。お節介な後輩に今日は甘えよう。と…

甘露

ここは桃の花が咲き乱れる。甘く、芳しく。その中で、男性器も女性器も持たない、裸の【彼女】が横たわる。 仙人ともなれば、性別も表情も失われることは当然ながら、命の重さも軽くなる。仙術を志す、感情を残した生き物たちを見やりながら。 桃の園は、そ…

最後の一言

見る者が見れば、妖精が寄り添うように舞ったのが見えただろう。 銀の粉を撒き散らしながら、妖精は哀悼を示す。それだって魔力の無い常人には、風かわそよぐ程度でしかない。 最後の賢者と呼ばれた老人が、この世界に来たのは、350年前。彼は異文化の国…

婚約腕輪

これは契約なのだと言う。本堂の奥、床板が腐っていた場所に、その妖怪は眠っていた。衣一つまとわず――は思春期の男子高校生にはキツイ――まま納められていた彼女は、僕を見て笑った。 「元服を迎えた武士(モノノフ)が、儂に欲情するか。まぁそれも一興」 …

告白ロールプレイング

「あのさ、告白のロールプレイングに付き合ってくれない?」「は?」 家飲みをしながら、同僚はそんなことを言ってくる。 「告白って、どう言っていいか正直わからないんだよね」 こいつは……。入社の時から私が気になっている事を知っていて言ってるのか? …

『これだけは言える』

オカザキレオの新刊タイトルは『これだけは言える!』#あなたの新刊タイトルhttps://t.co/ymfXN3QVrNミステリーでいっちゃう?(笑)— オカザキレオ (@oka_reo) 2016年5月15日 面白いので、これでなにも考えずにショートショートを。 <hr> 「私は見たんだからね」 </hr>…