okazaki3project

オカザキが創作の事や読書感想を殴り書きするだけのブログです。時々、自主企画の告知とか。

映画「僕のワンダフル・ライフ」を観てきたので感想をば!

 

boku-wonderful.jp

 




家族で映画を観てきたので、感想を少しばかり。
アンパンマンドラえもん仮面ライダープリキュア、ディズニーを辿ってきたチビ達でしたが、
「映画館いきたーい」の娘の声に連れられて、行ってきました。


あらすじはこちら。

 

車に閉じ込められ、衰弱寸前のところをイーサンとそのママの助けられた
ゴールデンレトリバーの子犬。
この子犬、ベリーとイーサンをめぐる物語なのですが、
注目すべきは、一度寿命で天寿を全うしたベリーが、次の生でまた犬に転生し、イーサンとの記憶を残し、イーサンを求めて人生を送って行くのです。

 


号泣でした。
動物映画はまずいんです。
愛らしい動物に、感情を全て持って行かれます。

次の人生へ行く中で、決してハッピーじゃないことだらけで。
ベリーの時の人生で、すでにイーサンの一家は、離散しますからね。
それに、恋の苦しみもあって。


それでもベリーはね、ひたむきなんです。
イーサンと再会できた時、もうスクリーンが見えない。
これぐらいは書いてもいいでしょ?


この映画は、ベリーの一人称で語られて
設定もファンタジーだから、フィルターにかけられている気もしますが
人の世の無情さを、リアルに描かれています。

保健所に保護されて人生が終了したり、
家族の悲しみ
人間のエゴによる犬の調教、活用や
放棄という名の虐待、捨てるという行為も。

だから、ペットを飼うということは
可愛いだけじゃ済まない。

でもね、それだけじゃないのも人間で、
それはラストまで見て欲しいです。

これはファンタジーだから
そんなの無理だよ、って思うけど
無理が可能になるから、ファンタジーなんです。

子供達の前で、たくさん泣いて恥ずかしかったですが、
それもまた愛嬌。

映画を観ることそのものは二人とも好きなようなので、
素敵な時間を作ってあげたいと思います。

今作は、僕としては、本当に良い出会いだったと思います。
ベリーに会えてよかった!